TOEIC900点超にも勉強になった英語表現シリーズ第2回【ドクター・マーティン7-6】


どうも、イドミツです。

idomitsuブログへようこそ!

idomitsu TOEIC score
イドミツ TOEICスコア

前回に引き続き、学校や教科書ではあまり習わないけど英語圏では役に立つ表現をまとめていきます!

留学海外に行く人には参考になるはずです。

本記事の題材は、『ドクター・マーティン シーズン7 エピソード6』です。

それでは、始まり始まり〜♪

下半身がちゃんとしてないんだ。

Things are not so shipshape below the deck.

Things are not so shipshape below the deck. – 下半身がちゃんとしてないんだ。

●学べる事柄

・shipshape – 形容詞。ちゃんとした。整頓されていい状態にある。

・below deck – 船のデッキの下で。(ここでは暗喩として下半身を指している)

●一言

下半身に問題を抱えている患者の一言です。

男の大事なところが休眠状態なんだよ。

I have a dormancy in the male area.

I have a dormancy in the male area. – 男の大事なところが休眠状態なんだよ。

●学べる事柄

・dormancy – 休眠。

・the male area – 男性の大事なところ。男性器の遠回しな表現です。

●一言

先ほどの患者のもう一言です。

取り返しのつかない損傷を与えうるぞ。

You can do irreparable damage.

You can do irreparable damage. – 取り返しのつかない損傷を与えうるぞ。

●学べる事柄

・irreparable – 形容詞。矯正または修復ができない。repairできない。

元気が出るものを出してくれますか?

Think you could give me one of those pic-me-ups?

(Do you) Think you could give me one of those pic-me-ups? – 元気が出るものを出してくれますか?

●学べる事柄

・pick-me-up – 元気が出るもの(薬や飲み物など)。

●一言

これも前述の患者の一言ですが、バイアグラのような薬がほしいという意味ですね。

canではなく、couldを使って距離感を表すことで、遠慮している態度を示しています。

助動詞の過去形は、過去という時間的な距離だけでなく、「遠慮、丁寧さ、不確実さ、現実味のなさ」など心理的な距離感を表すときにも使われます。

ダニーは困っていたのよ。

Danny was in a bind.

Danny was in a bind. – ダニーは困っていたのよ。

●学べる事柄

・be in a bind – 困っている。(動詞のbind は「しっかり結びつける」。)

●一言

in troubleやin difficultyは覚えやすいのですが、

in a bindもすぐに出てくるようになるといいですね。

たぶん、ほら、彼はまだ…片想いしてるのよ。

Maybe, you know, he’s still, er… carrying a torch.

Maybe, you know, he’s still, er… carrying a torch. – たぶん、ほら、彼はまだ…片想いしてるのよ。

●学べる事柄

・carry a torch – 片想いする。元は、「十字軍に従事する」。

●一言

留学や仕事で英語圏で生活をするなら、人の気持ちに関わる表現も知っておきたいです。

死ぬほど蚊に刺されたわ。

Midges eaten me half to death.

Midges’ eaten me half to death. – 死ぬほど蚊に刺されたわ。

●学べる事柄

・midge – ユスリカ。

・half to death – 死にかけまで。

●一言

ユスリカは人を噛まないし、血も吸わないので、これはmosquitoと間違えているのでしょう。

英語圏でも、ユスリカと蚊がごちゃまぜになってしまうことがあるということですね。

●文法

Midges have eaten me half to death.から、現在完了形のhaveが省略されています。

現在完了形は、特定の一時点には言及しないけど、過去のある時点から発話までの間に起こったことを述べる文法です。

見出しの文なら、「過去のある時点から発話までの間に、蚊が死ぬほど私を刺した/刺している」という意味です。

また、完了形は、sinceで開始時点、forで継続時間を付け足すことができます。

例えば、

・Midges have eaten me since last night/I went to bed. – 昨夜から/就寝してから、蚊に刺されている。

・Midges have eaten me for five hours. – 5時間ずっと蚊に刺されてる。

過去の一時点の話なら、過去形でOKです。

以上で、「TOEIC900点超にも勉強になった英語表現シリーズ第2回【ドクター・マーティン7-6】」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。

参考になればうれしいです。

ではまた!


コメントする