ユニクロの「ミドルゲージセーター」で、「クルーネック」と「モックネック」を比較!(実際に着てみた)


どうも、イドミツです!

本日は令和初の大晦日です。

セーター季節でもありますね。

本記事は、ユニクロの「ミドルゲージセーター」を比較しつつ、「クルーネック」と「モックネック」の違いについて知りたい方に向けて書きます。

ユニクロ「ミドルゲージワッフルクルーネックセーター」について

ユニクロ ミドルゲージワッフルクルーネックセーター タグ

本体価格(定価)2990円+税ですね。

●「ワッフル」とは?

上の写真で、「ワッフル織り」の特徴が見えると思います。

ワッフル」と言えば、かわいらしい食べ物としても愛されていますが、「ワッフル織り」はそのワッフルのような凹凸が生じます。

ユニクロ ミドルゲージワッフルクルーネックセーター 試着イメージ

●「クルーネック」とは?

↑こちらの画像では、「クルーネック」が見えると思います。

クルーネック」とは、日本語で言うところの「丸首」です。

crew(クルー)は「船の乗組員」を指す言葉として使われます。

船の乗組員」のセーターが丸首だったことが語源のようです。

ユニクロ「ミドルゲージモックネックセーター」について

ユニクロ ミドルゲージモックネックセーター タグ

本体価格(定価)2990円+税ですね。

ユニクロ ミドルゲージモックネックセーター 試着イメージ

●「モックネック」とは?

↑上の写真を見ればが分かると思います。

クルーネック」より高さはありますが、「タートルネック」のような折り返しがありません。

元々はmock turtle neck(モックネタートルネック)と呼ばれていました。

mock(モック)という言葉には、「本物ではない」という意味があります。

ケータイショップでは、スマートフォンの外観を確認するための見本モデルが「モック(冷モック)」と呼ばれることがありますやね。

モックタートルネックは、「タートルネックっぽい首」を意味します。

それを省略した言葉が、「モックネック」になります。

「ミドルゲージセーター」とは?

ユニクロ クルーネック モックネック ミドルゲージセーター

本記事で、ご紹介したセーターは、両者ともに「ミドルゲージ」です。

ミドル」には、「中間」という意味があります。

ハイゲージ」ならば、これよりも糸が細く、編み方が細かく薄い生地になります。

「ローゲージ」なら、これよりも糸が太く編み方が大きく、生地が厚くなります。

以上で本記事を終わります。

ご閲覧ありがとうございました。

どなたかの参考になれば幸いです。

ではまた!


●イオンモールなどの店舗でご購入する際にお得なクレジットカードのご紹介↓


コメントする