ファーリー(モコモコ)フリースジャケットを実際に着て比較!(ユニクロ、しまむら、イオン)


どうも、イドミツです!

この頃、涼しい日が増えてきましたね。

体調を崩されないようにお気をつけくださいください。

これは衣替えの季節ということでもありますね。

みなさんの中にも、どんな服を買おうか考えている方は多いのではないでしょうか?

と言うことで、今回はファーリーフリースジャケット(ファーリーは「ファー/毛皮のような」という意味ですね。モコモコしてます。)の比較をしたいと思います。

各ブランドの特徴!

ずばり、ユニクロ、しまむら(クロッシー)、イオン(イオンスタイルファッションTOP)というコスパの高いブランドからの紹介です。いずれも定番アイテムが充実してます。


ユニクロは言わずと知れたブランドですね。今では世界展開もしています。

商品価格はそこそこに抑えつつ、ヒートテックやエアリズムなどの機能性の高い素材も開発しています。


しまむらは世界展開まではしていないものの、日本国内の大人で知らない人はいないんじゃないでしょうか。

「クロッシー」という自社ブランドの企画販売もしています。低価格ながら品質に手を抜いていません。自分が気に入るアイテムを見つけたときの「掘り出し物感」は、個人的にかなり高いです。


イオンはショッピングモールとしてご存知の方がほとんどかと思いますが、「トップバリュ」という独自ブランドでアパレルも企画販売しています。

こちらは品質に手抜かりはないながらも、ユニクロよりわずかに価格を抑えた商品展開をしている、といった印象です。

→ イオンスタイルファッションTOP

各ファーリーフリースジャケットの比較!

ここから、それぞれのモコモコフリースジャケットについての比較に入ります。


ユニクロ

https://www.uniqlo.com/jp/store/goods/418712?color=09&size=005&length=000&gclid=EAIaIQobChMI38Kfgr-d5QIVEz5gCh2HkABJEAQYAiABEgIHKPD_BwE
  • 価格: 1990円(税抜)
  • カラー: オフホワイト、ブラック、ブラウン、ネイビー、ブルーなど12色展開
  • 幅: ゆったり
  • 丈: ぴったり
  • シルエット: 定番な印象。
  • デメリット: 人とかぶりそう。

しまむら(クロッシー)

  1. 価格: 1580円(税抜)
  2. カラー: ブラウン、ネイビー、ブラックなど
  3. 幅: 最もゆったり
  4. 丈: ぴったり
  5. シルエット: ユニクロよりもさらにゆったりとしたシルエット。
  6. 気づき:色の選択肢が少ないがコスパが圧倒的。

イオン(トップバリュ)

イオン(トップバリュ)のファーリーフリースジャケット。ユニクロよりも若干タイトめなのがお分かりいただけるでしょうか。
  • 価格: 1880円(税抜)
  • カラー: ホワイト、ブラック、ブルー、グレー、ブラウン、ワインの6色展開
  • 幅: 余裕はあるが3つ中、最もタイト
  • 丈: ぴったり
  • シルエット: 最も体に沿った着心地。

まとめ

独断と偏見でまとめますと、

・コスパ重視で色にこだわりのない方には、しまむら(クロッシー)

・細身の方で、あまりダボッとさせたくない方には、イオン

→ イオンスタイルファッションTOP

・それ以外の方には、ユニクロ

のファーリーフリースジャケットをオススメします!

個人的には、イオンのブルーの色味が好きかもしれません。

どなたかの参考になれば嬉しいです。

ではまた!


コメントする