定番のライトダウンジャケット6選を実際に着て比較!(ユニクロ、イオン、無印良品 etc.)


どうも、イドミツです!

11月も中盤になって、寒いと感じる日が増えてきましたね。

ネットでライトダウンジャケットなどを検索する人が多くなると思いますが、言葉だけの口コミでは実際に人が着たときの雰囲気やシルエットがよく分からないことがありますよね。

そこで、本記事では、かねてから気になっていた各社の、冬の定番「ライトダウンジャケット」を、実際の着用写真付きで比較したいと思います!

具体的には、

  1. ユニクロの「ウルトラライトダウンジャケット」
  2. イオン(トップバリュ)の「メンズライトダウンスタンド衿ブルゾン」
  3. 無印良品の「軽量オーストラリアダウンポケッタブルスタンドカラーブルゾン」
  4. しまむらの「メンズ ライトダウンジャケット」
  5. イトーヨーカドーの「軽リッチ合体ダウンジャケット」
  6. LOFT AIR(ロフトエアー)の「スタンドカラー フルジップ ダウンジャケット」

上記の6点を比較します。

まずは個別にタグ、陳列、試着写真を見てみましょう。

ちなみにMサイズの試着です。ボクの体格はだいたい身長165cm、体重65kgです。

*追記2020年1月9日あり

*2020年1月14日加筆修正

ユニクロのウルトラライトダウンジャケット!

知名度はダントツですね。

では写真をどうぞ。

ユニクロ メンズ ウルトラライトダウンジャケット。5990円(税抜)ですね。
ユニクロ メンズ ウルトラライトダウンジャケット。前から。サイズ的には少し余裕があります。楽です。下に厚い服を1枚着れそう。
メンズ ウルトラライトダウンジャケット。横から。余裕はありますが、ダボつく感じはありませんね。
ユニクロ ウルトラライトダウンジャケット。陳列風景。色展開は1番豊富です。収納袋が付属してます。

サイズ感はバランスがいいですね。ほとんどの体型の人が着れそう。

ちなみに、ユニクロ/ジーユーの通販なら、楽天Rebatesを利用すると楽天スーパーポイントが貯まるのでお得です。

気になる方はこちらの記事の最後の見出しを見てみてください。手順を説明してあります。

トップバリュ(イオン)のメンズライトダウンスタンド衿ブルゾン!

はい、これも写真をどうぞ。

トップバリュ メンズライトダウンスタンド衿ブルゾン。5800円(税抜)です。
トップバリュ メンズライトダウンスタンド衿ブルゾン。前から。ファスナー(ジッパー)を閉めていなければ着れます。
トップバリュ メンズライトダウンスタンド衿ブルゾン。なんと、ボクの肩幅では、ファスナーを閉めるときつい!!個人的に残念。
トップバリュ ライトダウンスタンド衿ブルゾン。陳列風景。意外にビビッドな赤と青が用意されてます。こういう色が好きな人でサイズが合う人ならトップバリュ1択かもしれませんね。

トップバリュのブルゾンはサイズに関しては少し気をつけたほうがいいかもしれません。

トップバリュのフリースジャケットはMサイズでも柔らかい素材なので難なく着れましたが、ライトダウンブルゾンは肩幅がどうも小さめです。中に厚い服を着てファスナーを閉めるのはできそうにありません。つまり、ボクの肩幅では冬の防寒には使えません。そのようなときは1つ大きめのサイズを選びましょう!

ただし、ボクは身長に比しての肩幅は大きい方です。肩幅が普通か小さめの人は問題なく着れると思います。その他の品質はユニクロに負けてないので、細身の人なんかには最適だと思います。

イオンスタイルファッション

無印良品の軽量オーストラリアダウンポケッタブルスタンドカラーブルゾン!

今回は無印良品の商品も比較に入れました。

無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルスタンドカラーブルゾン。5990円(税込)ですね。なにげに通常価格はユニクロとイオンよりも安いのが意外。
無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルスタンドカラーブルゾン。前から。デザインの特徴としては、胴体に水平に並ぶ縫い目が大胸筋上部の辺りから始まっているところ。着心地は、ユニクロのものとあまり変わりませんが、ユニクロの方が気持ち程度余裕がある感触です。
無印良品 軽量オーストラリアダウンポケッタブルスタンドカラーブルゾン。陳列風景。色展開はブラックとネイビーの2色のようです。

普通に着やすいです。あと、通常価格ならユニクロやトップバリュ(イオン)より安いのが意外に感じました。

しまむらのメンズ ライトダウンジャケット!

参考写真をどうぞ。

しまむら メンズ ライトダウンジャケット。3900円(税込)ですね。着てみても、他社と比べて品質が劣っているところは見つけられなかったので、圧倒的なコスパだと思います。
しまむら ライトダウンジャケット。前から。サイズ感良好です。驚いたのが、襟の部分の縫い方なのですが、ちゃんと襟の形が整って立つようにデザインされています。

比較してみて驚きました。他社より2000円も安い上に、品質に劣るところはなく、衿のデザインは4社中最もこだわっています。

イトーヨーカドーの軽リッチ合体ダウンジャケット!(2020年1月14日追加)

タグから見てみましょう。

イトーヨーカドー 軽リッチ合体ダウンジャケット タグ

本体価格は5990円+税という強気の価格設定です。

公式の特徴も見てみましょう。↓

軽リッチ合体ダウンジャケット 4つのポイント

商品名に「合体」とあることからもうかがい知れますが、イトーヨーカドーは「合体シリーズ」としていくつかの商品を販売しており、ダウンジャケットは撥水アウターと合体することができるようにつくられています。

洗濯機で洗えると明言してあるのは、キレイ好きにはうれしいですね!

しかし、ライトダウンジャケット比較におけるこの商品の最大の特徴は、そのサイズ展開にあると思います。

タグにも書いてありますが、なんとSサイズから、M、L、LL、3Lサイズまで選べます。

体の大きい人にとっては数少ないライトダウンジャケットの選択肢となるのではないでしょうか。

イトーヨーカドー 軽リッチ合体ダウンジャケット
陳列

↑陳列されてあるハンガーのサイズ表記を見ても、ちゃんと3Lまであります!

それでは着用の様子をご覧ください。↓

イトーヨーカドー 軽リッチ合体ダウンジャケット
着用写真1 斜め前から

ライトダウンジャケットらしいシルエットです。

イトーヨーカドー 軽リッチ合体ダウンジャケット
着用写真2 前から

デザインの特徴は、手首をマジックテープ(ベルクロ)で締めたり緩めたり調整ができるようになっているところです。

暖かさに関しても、他と遜色ありません。

LOFT AIRのスタンドカラーライトダウンジャケット!(2020年1月14日追加)

「LOFT AIR」というブランドですが、多くの人には知られていないと思います。

ファッションストアの「サカゼン」などで取り扱われているようです。

しかし、今回は、イトーヨーカドーで見つけました。

しかも、お買い得価格です。

LOFT AIR スタンドカラーライトダウンジャケット タグ

本体価格2500円+税です。ここに来て、しまむらよりもコスパの高いライトダウンジャケットが表れましたね。

でも、イトーヨーカドーによるこの商品の入荷は、レギュラーなものではないと推測しています。

なぜなら、年明けのセールシーズンが終わったタイミングでの入荷なので、どこかで残った在庫をたまたま安く卸したと考えられるのです。

冬用インナーのときもイレギュラーな激安商品に驚かされましたが、そういう商品が回ってくるコネクションもイトーヨーカドーの強みなのでしょうね。

ですので、この価格は参考程度に捉えていただいた方が気が他の商品を見るときに楽だと思います。

前置きが長くなりましたが、レビューに戻りましょう。

LOFT AIR スタンドカラーライトダウンジャケット
LOFT AIRの特徴
  • 撥水:記事表面には撥水加工が施されている。
  • 透湿:汗や湿気を逃がし、内側が蒸れ難くなっている。
  • 防風:ソフトな肌触りと適度なハリ・コシ。

という特徴がうたわれています。

お買得価格ですが、しっかりと高い機能性をもっています。

では、着用写真を見てみましょう。

LOFT AIR スタンドカラーライトダウンジャケット
着用写真1

パープルを選びましたが、派手すぎないちょうどいい色でした。

他社のライトダウンジャケットと違うところは、首のサイドから、肩前方までの切り替えラインがあるところです。なにげにこだわってます。

また、衿に縫い目の水平ラインが入っており、衿が立ちやすくなっているのもポイントですね。

元々は一段高い価格で売られていた商品だという雰囲気が漂っています。

肩幅に関しても、Mサイズできつさがなく、ダボつきもないので、上手い寸法でつくってあると思います。

LOFT AIR スタンドカラーライトダウンジャケット
着用写真2
LOFT AIR スタンドカラーライトダウンジャケット
着用写真3
LOFT AIR スタンドカラーライトダウンジャケット
着用写真4

ライトダウンジャケット比較まとめ(2020年1月14日加筆)

コスパで言うと、圧倒的にしまむらのメンズ ライトダウンジャケットだと思います。コスパが圧倒的です!

色に関しては、今回、各社全てでネイビー系を選んで試着したのですが、しまむらのものが1番鮮やかなカラーでした。

ビビッドな赤または青が好きならトップバリュですね。

肩や胴回りの余裕がほしい人には、ユニクロのウルトラライトダウンジャケットがいいと思います。まぁ、Lサイズにすればどのメーカーでもゆとりはうまれるのですが(^_^;)

無印良品の軽量オーストラリアダウンポケッタブルスタンドカラーブルゾンについては、サイズ感はイオンとユニクロの中間だと思います。

LLや3Lサイズならイトーヨーカドーの軽リッチ合体ダウンジャケット1択ですね。

今回のLOFT AIRのスタンドカラーライトダウンジャケットは、イレギュラー価格なので、デザインの比較対象として眺めてください。

この記事が参考になれば幸いです。

では、また!

追記2020年1月9日

現在、イオンスタイルファッションTOPでは、「メンズ ライトダウン スタンド衿ブルゾン」は完売しているようです。

また、イオンの実店舗では、本商品がクリアランスセールで3000円まで値引きされているのを目視しました。しかし、残っているカラーやサイズも少なくなっているようです。

イオンのファッションには新年も期待大だと思います!


コメントする