楽天モバイル、ドコモahamo、au povo、ソフトバンクLINEMO比較解説


どうも、モバイル好きないどみつです!

スマホ料金を安くしたいと思いませんか?

本日2021年1月29日14時からの会見で、楽天モバイルから新料金プランが発表されました!

条件にはまれば、かなりお得です!自分に合うかどうか確認しておく価値がありますね。

まずは楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」について解説した後に、他社と比較していきます。

*楽天モバイル トップページ

楽天モバイルの新料金プランは0〜2980円

月間のデータ使用量月額料金
0~1GB未満1回線目のみ0円
1~3GB未満980円
3~20GB未満1980円
20GB~無制限2980円
楽天モバイルの新料金プラン

新料金プランを上の表にまとめました。

プランを選ぶわけではなく、使ったデータ量に応じて月額料金が変化する料金体系です。

1GBも使わなかった月は0円。例えば、おばあちゃんに楽天モバイルのスマホをもってもらって、データを使わなければそのスマホに通信料金がかかることはありません。

3GBに満たなければ980円。

20GBを超えなければ1980円。

20GBを超えれば、高速通信をいくら使っても2980円。

上限が2980円なのです。これは従来のRakuten UN-LIMIT Vと同じなのですが、やっぱり魅力ありますね。

国内パートナー回線エリアでは5GB超過後、最大1Mbpsの速度に制限されます。海外では2GB超過後、最大128kbpsに制限されます。

楽天回線エリアでは、50GBでも100GBでも高速通信を利用できます。ただし、連日の超大容量については制限がかけられると推測できます。

2回線目の契約では、0~1GB未満でも980円になるとのことです。

通話料金は無料

他社は通話オプションに時間制限があったり、有料だったりしますよね。

楽天モバイルではどうだと思いますか?

なんとRakuten Linkというアプリを使えば、国内通話に料金がかかりません

デフォルトの通話アプリではなく、Rakuten Linkアプリを開いて電話をかければ、固定電話やドコモなど他社のスマホにかけても無料です。

Rakuten Linkを使用しない場合は、30秒20円の料金がかかります。

手数料も全面的に無料

契約事務手数料、シム交換手数料、シム発行手数料、MNP転出手数料、契約解除料、全て無料です。

わかりやすくて嬉しいポイントです。

楽天モバイルを契約するときも、契約解除するときもこれらの手数料の心配はいりませんね。安心感あります。

メールアドレスの提供も開始予定

MVNOや他社の格安プランではメールアドレスの提供がありませんが、楽天モバイルでは提供開始する予定があるようです。

メールアドレスの提供開始時期は、2021年夏頃としています。

すでにGメールやYahooメールを使っている人は多いと思いますが、もっていて損はありませんね。

他社プランと比較

他社の新料金プランと比較しないと、何がいいのかよく分かりませんよね?

そこで早速、NTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMOと楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIを比較しましょう!

キャリアNTTドコモauソフトバンク楽天モバイル
ブランドahamopovoLINEMOUN-LIMIT VI
~1GBまで2980円2980円
(2480+500)
2980円
(2480+500)
0円
1~3GBまで2980円2980円
(2480+500)
2980円
(2480+500)
980円
3~20GBまで2980円2980円
(2480+500)
2980円
(2480+500)
1980円
20GB~最大1Mbps最大1Mbps最大1Mbps2980円
高速50GB17980円17980円17980円2980円
国内通話1回5分かけ放題(無料)1回5分かけ放題(500円)1回5分かけ放題(無料)かけ放題(無料)
メールアドレス提供なしなしなし2021年夏頃予定
申し込みオンラインオンラインオンライン店舗&オンライン
家族割カウントのみ期間限定でカウントカウントなしなし
備考3月26日(金曜)に提供開始3月23日から。20歳以上の個人が対象3月17日スタート2021年4月1日から
新料金プラン比較表

▼まずは料金について。

NTTドコモのahamoでは、0~20GB未満まで料金変わらず2980円。

auのpovoでも、0~20GB未満まで料金変わらず2980円。Rakuten UN-LIMIT VIやahamoとサービスを同等にするために1回5分かけ放題オプション(月額500円)を含めた料金

ソフトバンクのLINEMOでも、0~20GB未満まで料金変わらず2980円。Rakuten UN-LIMIT VIやahamoとサービスを同等にするために1回5分かけ放題オプション(月額500円)を含めた料金

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIでは、データ使用量に応じて料金が段階的に変化します。0~1GB未満まで0円(2回線目以降は980円)。3~20GB未満まで980円。3~20GB未満まで1980円。20GBに到達して初めて2980円になります。

0~20GB未満までのデータ利用なら楽天モバイルが他3社よりも1000円もお得になりますね。

▼次に20GBに到達した後のサービスについて。

NTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMO3つとも最大1Mbpsの通信速度に制限されます。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIでは、楽天回線エリアではデータ使用量無制限で高速通信を利用できます。ただし、パートナー回線エリアでは、データ使用量が5GBに達した時点で最大1Mbpsに制限されます。

Rakuten UN-LIMIT VIでは、楽天回線エリア内なら速度制限されないので、他3社よりもお得です。

それ以外のエリアでは5GBに達した時点で1Mbpsに速度制限されることになり、20GBまで高速通信を利用できる他3社の方がお得ですね。

▼次に、仮に月間50GBデータ利用した場合の料金について。

NTTドコモのahamo、auのpovo、ソフトバンクのLINEMO3つとも1GBにつき500円でデータ量追加していくと想定すると、月間17980円かかってしまうことになります。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIでは、20GB超えた場合はデータ量に関係なく2980円で済むことになります。

▼次に、通話オプションについて。

NTTドコモのahamoでは、1回5分かけ放題サービスが無料で付いています。

auのpovoでは、月額500円1回5分かけ放題オプションがあります。

ソフトバンクのLINEMOでは、1回5分かけ放題サービスが無料で付いています。

楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT VIでは、Rakuten Linkという公式アプリを使って電話をかける場合、国内の固定電話および他社含めたモバイルに無料でかけ放題になります。Rakuten Linkを使用しない場合は、30秒20円の料金がかかります。

5分以上の電話をかけることが多い人にはRakuten UN-LIMIT VIがおすすめですね。時間を気にせずにかけることができます。

▼家族割について。

ahamoでは、「ファミリー割引」グループ内の回線数に応じて、月額料金が割引になる「みんなドコモ割」があります(2回線で500円割引、3回線で1100円割引)が、ahamoの料金の割引はされません。しかし、回線数としてカウントはされるとのことです。家族みんなでahamoに移行すれば割引はなくなりますね。

povoでは、家族割の適用も回線数としてのカウントもされないとのことです。

LINEMOでも、家族割の適用も回線数としてのカウントもされないとのことです。

楽天モバイルには、家族割はありません。

▼追加情報として、忘れてはならないことを。

Rakuten UN-LIMIT VIでは、先着300万人まで1年間無料で利用できるキャンペーンを展開しています。

そして、すでに250万人を超えています。1年間無料で楽天モバイルを試したい人はできるだけ早く契約したほうがいいタイミングになってきました。

1年間無料というメリットを加えて他社と比較すると、楽天モバイルのメリットがいかに大きいか感じることができるのではないでしょうか?

楽天モバイルの注意点&期待できること

ここまでで、楽天モバイルがかなりお得な選択肢に見えているのではないでしょうか?

ここでは楽天モバイルの注意点もチェックしておきましょう。合わせて、将来的に期待できることにも触れたいと思います。

▼まずは最大の注意点ですが、それはエリアです!

楽天モバイルの場合、楽天回線エリアで使うか、パートナー回線で使うかで全く違います

楽天回線エリアでは、無制限のデータを高速通信で利用でき、料金の上限が2980円です。

一方で、パートナー回線エリアでは、料金の上限が2980円であるものの、データ量が5GBに達すると通信速度は最大1Mbpsに制限されます。

このように、パートナー回線エリア周辺で生活する人にとっては、比較的メリットが小さくなるのですが、楽天回線エリアの拡大を考えると、期待感は大きいです。

*契約前に自分の住所がエリアに入っているか確認しましょう。→楽天モバイル 通信・エリア

▼2つ目の注意点が、楽天モバイルにはまだプラチナバンドがないということです。

プラチナバンドとはなんぞや?という人もいると思います。

プラチナバンドとは、移動体通信用に割り当てられた周波数帯のうち、700〜900MHz帯のことを指し、障害物に強く、より遠くまで通信できるという特長があります。ですから、価値ある周波数帯=プラチナバンドと呼ばれているのです。

電波の割り当てを担当しているのは総務省ですが、楽天モバイルは5Gネットワークを前提にして業界参入しており、まだプラチナバンドの割り当てを受けていません。

楽天回線エリア内でも、大きな建物の中や地下では電波をつかみにくいことも想定できます

ただ、将来的に楽天モバイルにプラチナバンドが割り当てられることは容易に想像できるので、そうなったときに今よりもさらにサービスがよくなると思うと、継続して注視していく価値があります。

▼3つ目の注意点はiPhoneを直接取り扱っていない、ということです。

iPhone 11以降のiPhone端末では、通話・メッセージ・インターネットは使えますが、一部の機能が制限されます。

具体的にどのようになっているでしょうか?解説します。

iPhone 11, 11 Pro, 11 Pro Max, 12 mini, 12, 12 Pro, 12 Pro Maxでは一部の機能が制限されます。

具体的には、

使える機能↓

  • データ通信 ○
  • 通話 ○
  • SMS(楽天回線) ○

使えない機能↓

  • SMS(パートナー回線) ✗
  • APN自動設定 海外/国内 ✗
  • 接続回線の自動切替(楽天回線⇔パートナー回線) ✗
  • ETWS 津波警報、緊急地震速報 ✗
  • 110/119通話などでの高精度な位置情報測位 ✗

となります。

これらの機能が全て使える保証のある端末を使いたい場合は、Pixel 4以降のPixel端末または楽天モバイル公式サイトや楽天市場などで楽天モバイル対応スマホを購入する必要があります。

ただ、Rakuten Handなど実質0円で購入できる端末もあるので、そちらを通話用に使いつつ、手持ちのiPhoneでネットや動画視聴などの用途に使うという使い方はバッテリーが減りにくく、マルチタスクもしやすくなるのでおすすめです。楽天モバイルならテザリング(インターネット共有)も無料で使えます。

日本で圧倒的なシェアを占めるiPhoneを楽天モバイルが直接取り扱うようになれば、人気もぐっと上がることでしょう。

楽天モバイル新料金プランまとめ

いかがだったでしょうか?

各社の新料金プランを比較してみると、

  • 楽天回線エリアの人は楽天モバイルを選ぶ価値がある。
  • 1年間無料がデカい。(急いだほうがいいかも)
  • その他のキャリアは大体横並びの条件。

という3ポイントが浮かび上がってきます。

読んでくれたあなたのスマホ選びの参考になればうれしいです。

1年無料キャンペーンは4月7日に終了するので、どちらにしても急いだほうがよろしいと思われます!

*楽天モバイル1年無料キャンペーンもうすぐ終了!(4月7日)

ではまた!

↓合わせて読みたい。↓

楽天モバイルでGalaxy S10とNote10+を選ぶべき新たな理由【アプデ】

【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMITで5300ポイント付与を確認


コメントする