Google AdSense広告審査、合格の方法(グーグルアドセンス)


どうも、イドミツです!

本記事は、Google AdSenseについて興味のある方に向けて書きます。

ネット上で検索すれば山のように出てくるネタですが、人生は人それぞれなので、万が一どなたかの参考になれば十分です。

Google AdSenseとは?

ボクが一言で言うと

「Googleが広告を自動で自分のウェブサイトに表示してくれて、読者がクリックしたら収益になるサービス」

です。

このAdSense広告のサービスを受けるためには、Googleの審査を通過しなければなりません。

AdSenseの申請方法をざっくりと

始めに言っておくと、ボクは、一連の流れを全てスマホで行いました。

Google AdSense ホームページより

上図のAdSenseのホームページに行き、

申し込みはこちら」をクリックします。

Google AdSense 申し込みページ 引用

続くページで、「サイトのURL」、「メールアドレス」「住所」を入力しました。

電話番号の確認」もしたのですが、なぜかSMSが届かなかったので、電話による認証をしました。(電話がかかってきて自動音声が認証コード(数字列)を教えてくれます)

その後、AdSenseのコード(文字列)を自分のサイトに埋め込みます。(ボクは、ブラウザの別タブを開いて埋め込み作業始めました。)

埋め込みが済んだことをGoogleに通知します。(埋め込み作業が済んだら元のAdSenseのタブに戻って、埋め込み完了ボタンをクリックしました。)

Googleがコードを見つければ、審査開始と言っていいでしょう。

コードを見つけてくれない場合、埋め込み方が間違っているので、解決しましょう。(WordPressなら、自分と同じテーマを使っている人の記事を探してみるのもいいかもしれません。)

下のようなメールが届いていると思います。

Google AdSense 申請中メール

審査合格の後

Google AdSense 審査合格通知メール

審査に合格した後は、その合格したGoogleアカウントでAdSenseのページにログインしましょう。

ボクは、Googleの勧める「自動広告」を設定しました。

「関連コンテンツ」の広告は、全ての合格者が設定できるわけではないようですが、ボクの場合はできました

「適用」ボタンを押して数時間後(早くて2時間後)に、晴れてAdSense広告が自分のウェブサイトに表示されるようになるはずです。

審査のために気をつけたこと

最後に、Google AdSenseの審査の時点で、ボクが意識していたこと、及びボクのウェブサイトの特徴を挙げます。

  • 企業名、ブランド名、商品名など、できるだけ外部リンクを貼る
  • 文字数1記事につき1000〜2000文字くらい。
  • 画像は8割が「スマホで撮った写真をリサイズしたもの」。残りは「著作権違反にならないような画像を拾って加工したもの」「Canvaで無料テンプレートを自分で編集したもの」
  • 審査時点での公開記事数は32
  • 文章は引用部分以外全てオリジナル

以上、Google AdSense広告審査におけるボクの場合についてでした!

ご質問あればコメント欄にお願いします。

どなたかの参考になれば幸いです。

ではまた!


コメントする