「『ワンダ』はたらくアタマに/ アシスト」ブラック ボトル缶400gをレビュー!本当に頭が良くなる飲み物なのか?


どうも、イドミツです!

みなさんは、自分の能力を上げることに興味がありますか?

ボクは、学生の頃から、頭が良くなったり、身体能力が上がる食べ物や飲み物に興味があるんですよね。

そこで本記事では、「『ワンダ』はたらくアタマに/アシスト」ブラック ボトル缶400gを飲んだ感想をシェアしたいと思います!

果たして、本当に頭が良くなる飲み物なのでしょうか?

「『ワンダ』はたらくアタマに/アシスト」ブラック ボトル缶400gとは?

この商品は、2019年9月に発売されたアサヒ飲料のコーヒー飲料です。

なんと、「ラクトノナデカペプチド」という成分が「注意力や計算の効率を高める」というのです!

アサヒ飲料が機能性表示食品として消費者庁に届け出ている商品です。

アサヒ飲料によると、

「カルピス」由来の長年の乳酸菌研究から生まれた発酵由来の機能成分”ラクトノナデカペプチド”
(NIPPLTQTPVVVPPFLQPE)には年齢とともに低下する、認知機能の一つである注意力(事務作業の速度と正確さ)の維持と、計算作業の効率維持に役立つことが報告されています。
このラクトノナデカペプチドを日々の食生活に手軽に取り入れて、毎日を前向きな気分で過ごしたい方に向けた乳性ドリンクです。 

https://www.asahiinryo.co.jp/products/s_and_h/lndp_100ml/

ということだそうです。(上記は「アシストブラック」の姉妹品の「カルピス」について)

中高年を対象に試験を行っており、1日1本、12週間飲んだ結果として、計算能力や注意力を測定する「内田クレペリン検査」のスコアが改善したようです。

ラクトノナデカペプチドの作用で、脳の神経細胞の情報伝達物質である「アセチルコリン」の放出量を増加させるそうです。

ワンダ アシスト ブラック 栄養成分表示

「『ワンダ』はたらくアタマに/アシスト」ブラック ボトル缶400g のエネルギーは16kcalなので、ダイエット中でも全く問題ないですね。

「『ワンダ』はたらくアタマに/アシスト」ブラック ボトル缶400gを実際に飲んでみた感想!

味は、普通のブラックコーヒーでした。酸味は少なめ。飲みにくい感じは全くありませんでした。

早速、この商品を飲んだ直後にライティング作業に取りかかりました。

以下が感想です。

2時間ほど作業しましたが、集中力は途切れませんでした。始めは、You Tubeを流しながらやろうと思っていました。しかし、割とゾーンに入りやすく、自然とYou Tubeはすぐに消して集中しました。ライティングの言葉選びや進行においてもすぐにアイデアが出てきて迷う時間はほとんどありませんでした。

ラクトノナデカペプチドのおかげか、コーヒーのカフェインのおかげか、単なるプラシーボかは、分かりません。この日は少し頭痛があって、体調は万全ではなかったはずです。

機能性表示のない普通のブラックコーヒーはほぼ毎日飲んでますが、個人的な印象としては、それよりは作業がはかどった気がします。

ラクトノナデカペプチドが、1本ですぐに効果を発揮するとは正直思えないですが、最低でも良質なプラシーボ効果を生んでくれたとは思います。

プラシーボ効果というのは、「その気になってしまう」ということですね。

一応、効果の試験をして消費者庁に届け出ているので、「水素水」などの商品よりは圧倒的に良心的な商品だと思います

以上、「『ワンダ』はたらくアタマに/アシスト」ブラック ボトル缶400gを実際に飲んでみた感想です。

どなたかの参考になれば幸いです。

お読みいただきありがとうございました( ´◡‿ゝ◡`)

ではまた!


コメントする