【2020年】ユニクロの冬物パーカー3種を比較!シームレスダウンパーカ/ウルトラライトダウンパーカ/ブロックテックパーカ


どうも、コスパにうるさいいどみつです。

季節は大分冬らしくなってきましたね。

冬物衣類の購入を考えている人は多いのではないでしょうか?

ユニクロ冬物新作も出揃いつつあると思います。

寒いときはパーカーをかぶると耳まで温かいですし、首の周りにフードがあるだけでもスタイリッシュに見えるアイテムですよね。

そこで、本記事では冬物パーカー3種

  • シームレスダウンパーカ
  • ウルトラライトダウンパーカ
  • ブロックテックパーカ

に絞って比較したいと思います。

購入の参考にしてもらえるとうれしい限りです!

まずはそれぞれの情報を確認した後に、比較してみましょう。


1. シームレスダウンパーカ(3Dカット)

まずはタグから、

シームレスダウンパーカ タグ

本体価格14800円+消費税です。

本体のわたダウン90%フェザー10%ですが、

フード部分のわたポリエステル100%なんですね。

ベトナム製です。

それでは、試着をしてみましょう。

シームレスダウンパーカ 試着イメージ1 前開き

なるほど、本体の厚みがしっかりあって、ガチの防寒性能です。

シームレスかつ3Dカットというだけあって、厚みがありながら窮屈さがなく、シルエットにはダボつきがありません。

ジッパーを閉めてみましょう。

ユニクロ シームレスダウンパーカ 試着イメージ2 前閉め

コートではないので、丈は短めですね。アクティブなお出かけに合っていると思います。

ちなみに表面の素材はポリエステルが採用されており、ウルトラライトダウンシリーズのものよりも重みと厚みがある分、しっかりしています。(なかなか穴は空きにくそう。)

外からは見えませんが、袖口は伸縮性のある素材で空気の出入りが少なく、防寒性が高いです。


2. ウルトラライトダウンパーカ

お次はウルトラライトダウンパーカですね。(ウルトラライトダウンはジャケットなど派生品がいくつかありますね。)

ユニクロ ウルトラライトダウンパーカ タグ

本体価格6990円+消費税です。

中わたはダウン90%フェザー10%で、シームレスダウンパーカと同じ割合です。量は少ないですが。

表面素材はウルトラライトダウン特有のナイロン生地です。

それでは試着してみましょう。

ユニクロ ウルトラライトダウンパーカ 試着イメージ1

第1印象、やはり軽いです。

基本的にはウルトラライトダウンジャケットと同様なのですが、フードが好きな方にはいいですね。急に寒くなったときなどにかぶれる安心感があります。

ジャケットならスタンドカラーで首の防寒性が高いですので、パーカとジャケットから選ぶなら「フードとスタンドカラーのどっちを取るか」が分かれ道ですね。

袖口にはゴムが入っており、保温性が確保されてます。

肌触りはいつものサラサラです。

ユニクロ ウルトラライトダウンパーカ 試着イメージ2

フードがバランスをとってくれるので、ファスナーを開けても閉めてもシルエットはいい感じですね。

シームレスダウンパーカよりもお手軽&よりアクティブに使い回せそうです。


3. ブロックテックパーカ

そして3つ目、ブロックテックパーカを見ていきましょう。

ユニクロ ブロックテックパーカ タグ

本体価格5990円+消費税です。

ブロックテック」はアウトドアを意識したシリーズです。耐久撥水防水防風透湿ストレッチ性を売りにしています。

このパーカの素材はポリエステルですね。

それでは試着してみましょう。

ユニクロ ブロックテックパーカ 試着イメージ

着心地は、固めですが、重くはないです。

実際に着てみると、生地の薄さの割に風を通さないことがわかります。

防風性が高いので、寒い日に自転車に乗る人などにはありがたいアイテムだと思います。


4. ユニクロ冬物パーカ比較

それでは上の3着を比較してみましょう。

「どれが自分似合うかな〜?」

なんて考えながら見てもらえるといいと思います。

まずは、

ウルトラライトダウンパーカ vs シームレスダウンパーカ

に絞って比べてみましょう。

上:ウルトラライトダウンパーカ 下:シームレスダウンパーカ

厚み、重さ、質感、デザインの違いが見て取れると思います。

ウルトラライトダウンは、やはり軽さがいいですね。しかも、保温性は見た目以上なので、寒い地域に住んでいなければ、これだけでも冬を越せる人はいると思います。

シームレスダウンパーカは、重厚感があってデザイン性が高いと同時に保温性バツグン、といった着心地です。

左:ブロックテックパーカ
中:シームレスダウンパーカ
右:ウルトラダウンパーカ

3着を並べてみるとこんな感じです↑

ここで、

  • 着心地(柔らかさ、肌触り、軽さ)
  • 頑丈さ
  • 防寒性

をランキング形式でまとめておきます。

完全に個人的感想なので、その点ご留意を(笑)


【着心地ランキング】

柔らかさ、肌触り、軽さの観点でどのような順位になると思いますか?

ぼくの場合、着心地ランキングは

  1. ウルトラライトダウンパーカ
  2. シームレスダウンパーカ
  3. ブロックテックパーカ

こうなります!

軽さ&ツルツル素材ウルトラライトダウンパーカが着心地トップです!


【頑丈さランキング】

次に丈夫さについて順位は?

  1. ブロックテックパーカ
  2. シームレスダウンパーカ
  3. ウルトラライトダウンパーカ

という順になります!

やはりブロックテックは素材としての硬さがあるのですが、その分頑丈さは触るだけでわかります。


【防寒性ランキング】

では、防寒性はどれが1番でしょう?(これは簡単に予想がつくと思いますが(笑))

  1. シームレスダウンパーカ
  2. ウルトラライトダウンパーカ
  3. ブロックテックパーカ

という順位です!

やはりシームレスダウン厚み、ボリューム、中わたの量は他を圧倒する防寒性を発揮します。

ブロックテックパーカは、防寒性としてはウルトラライトダウンパーカに軍配を上げたくなりますが、防風性の点は負けないレベルで高いです。

5.ユニクロ冬物パーカ3着比較まとめ

いかがだったでしょうか?

1番広いニーズに合うのはウルトラライトダウンだと思います。お出かけ時に簡単に羽織れますし、着心地いいので部屋着にも使えます。

本格的な防風性がほしいならシームレスダウンパーカがおすすめ。

そして、寒い日に運動したり、汗をかくためのエクササイズをするなら、ブロックテックパーカが適していると思います。

あなたの洋服選びの参考になればうれしいです(๑´ڡ`๑)

ではまた!


あわせて読みたい。↓


コメントする