【一般動詞の現在形】これだけは知っておこう(初心者向け英文法)


どうも、イドミツです!

本記事では、一般動詞の現在形を扱います。

【be動詞の現在形】これだけは知っておこう(初心者向け英文法)

【be動詞の過去形】これだけは知っておこう(初心者向け英文法)

を勉強した後に見るのがいいと思います。

要点をまとめているので、授業案にも生かしやすいと思います。

一般動詞とは?

  • be動詞以外の動作や行為を表す動詞

一言で言うと、「be動詞」以外の動詞でです。

動詞とは、動作や行為を表す言葉です。

例えば、

  • begin ~を始める
  • watch ~を見る
  • play (球技など)をする/(楽器など)を弾く
  • go 行く
  • like ~を好む(~が好き)

などです。

主語が「I(わたし)」の一般動詞現在形

  • I begin English. - わたしは英語を始めます。
  • I play baseball. - わたしは野球をやります。
  • I go to school. - わたしは学校に行きます。
  • I watch a video. - わたしは動画を見ます。
  • I like flowers.  - わたしは花が好きです。

一般動詞を太字にしています。

主語が「I」のときは、一般動詞の現在形は、何も変化させていない形を使います。この形を「動詞の原形」と呼びます。

主語が「you」または「複数のヒト/モノ」の一般動詞現在形

  • You go to school. - あなたは学校へ行きます。
  • You go to school.  - あなたたちは学校へ行きます。
  • She and Ken go to school. - 彼女とケンは学校へ行きます。
  • They go to school. - 彼らは学校へ行きます。
  • Your dog and my dog like flowers. - あなたの犬とわたしの犬は花が好きです。

主語を太字にしています。

一般動詞の現在形を使う文では、主語が「you」または「複数のヒト/モノ」のときも、「動詞の原形」を使います。

主語が「単数のヒト/モノ」の一般動詞過去形

  • Ken likes flowers. - ケンは花が好きです。
  • He likes flowers. - は花が好きです。
  • She likes flowers. - 彼女は花が好きです。
  • My dog likes flowers. - わたしの犬は花が好きです。

主語を太字にしています。

主語が「単数のヒト/モノ」の場合一般動詞の現在形は、「原形」とは少し違います。動詞の後ろに「s」または「es」を付けます

また、「単数のヒトやモノ」のことを「三人称単数」と呼ぶこともあります。

「わたし/わたしたち」は「一人称」、「あなた/あなたたち」は「二人称」、これら以外は「三人称」です。「三人称」の中でも、1人や1つの場合が、「三人称単数」ということです。

主語が三人称単数の「s/es」の付け方

  • play ➡ plays
  • begin ➡ begins
  • like ➡ likes
  • do ➡ does
  • watch ➡ watches

ほとんどの一般動詞の原則としては、動詞の原形の最後の文字が母音(a,e,i,o,u)の場合には、語尾が「es」になり、それ以外の場合は「s」を付けます。

英語の勉強を進めながら、その都度覚えていけば大丈夫です。

「主語は三人称単数だよ」と聞き手や読み手に伝えるための合図が、「三人称単数のs」だと考えるといいです。

一般動詞現在形を使った疑問文

  • Do I know you? - わたしはあなたを知ってますか。
  • Do you know me? - あなたはわたしを知っていますか。
  • Do your dog and my dog like flowers? - あなたの犬と私の犬は花が好きですか。
  • Does Ken like flowers? - ケンは花が好きですか。
  • Does she play baseball? - 彼女は野球をしますか。
  • Does your dog like flowers? - あなたの犬は花が好きですか。

↑do/doesと一般動詞を太字にしています。

一般動詞の現在形を使った疑問文は、主語の前に「do」または「does」を置き、主語の後ろの一般動詞は「原形」を使います。

主語が三人称単数の場合は、「does」を使って、聞き手や読み手に伝えるのを忘れないようにしましょう。

一般動詞現在形を使った否定文

  • I do not like flowers. - 私は花が好きではありません。
  • You do not know me. - あなたはわたしを知りません。
  • They do not like flowers. - 彼らは花を好きではありません。
  • She does not know me. - 彼女はわたしを知りません。
  • My dog does not like flowers. - わたしの犬は花が好きではありません。

↑do/doesとnotを太字にしています。

一般動詞の現在形を使った否定文では、主語の後に「do/does」を置き、その後ろに「not」を置きます。

ここでも「三人称単数(単数のヒト/モノ)」に注意して、「does」を使いましょう。

一般動詞の疑問文では、全ての場合で、動詞は「原形」になります。

「do not」と「does not」の「短縮形」

  • do not ➡ don’t
  • does not ➡ doesn’t

do notとdoes notには短縮形があります。

  • I don’t like flowers.
  • You don’t know me.
  • They don’t like flowers.
  • Don’t you know him? - あなたは彼を知らないのですか。

上のように使います。否定形の疑問文もあります。

以上で、一般動詞の現在形のまとめを終わります。

ご閲読ありがとうございました。

どなたかの参考になれば幸いです。

ではまた!


コメントする